電子ブロック工房:2023年 09月の記事

MachiKania type P ver 1.3 で、http サーバー [MachiKania]

2023年9月29日

MachiKania type P の ver 1.3 では、Raspberry Pi Pico W を使って、WiFi 接続及びインターネット接続が出来るようになりました。この記事では、MachiKania を http サーバーとして利用する方法について述べます。

ver 1.3 では WiFi 機能の追加に伴って13種類の新たな命令・関数が追加されていますが、それらを使ってサーバーを構築するのは、骨の折れる作業です。そこで、需要の高い http サーバーを構築するためのクラス、HTTPD を作成しました。

この、HTTPD クラスを用いれば、簡単に http サーバー(www サーバー)を構築することができます。この記事では、HTTPD クラスの使い方について述べます。

MachiKania type P ver 1.3 で、http クライアント [MachiKania]

2023年9月29日

MachiKania type P の ver 1.3 では、Raspberry Pi Pico W を使って、WiFi 接続及びインターネット接続が出来るようになりました。この記事では、MachiKania を http クライアントとして利用する方法について述べます。

ver 1.3 では WiFi 機能の追加に伴って13種類の新たな命令・関数が追加されています。それらを使えば様々なインターネット接続(クライアント・サーバー)を行うことができますが、非常に複雑な手続きが必要です。そこで、インターネットの接続で最もよく使う、http プロトコルに関して、クラスライブラリーを用意しました。

ここでは、新規に追加されたクラスのうち、WGET クラスについて説明します。http クライアントを簡易に構築するためのクラスです。

MachiKania type P ver 1.3 で、ネット接続 [MachiKania]

2023年9月29日

MachiKania type P の ver 1.3 を、2023年9月30日(日本時間)に公開しました。これにより、Raspberry Pi Pico W を利用して、WiFi 経由でネットに接続できるようになりました。

公式ページはこちら
GitHubリリースページはこちら

ReadMeに記載した更新履歴は、次の通りです。
・Raspberry Pi Pico W を用いた WiFi 接続に対応。次の命令・関数を追加: 
 DNS$(), IFCONFIG$(), NTP, TCPACCEPT(), TCPCLIENT, TCPCLOSE, TCPRECEIVE, 
 TCPSEND, TCPSERVER, TCPSTATUS, TLSCLIENT, WIFIERR(), WIFIERR$()
・GCOLOR()関数の不具合を修正
・一部USBキーボードでのキー入力不具合に対応
・EOFの時、FGETC()関数が-1を返すようにした
・embed用にXIAO RP2040, RP2040-Zero, and Tiny-2040に対応
・SPIの対応ポートをINIファイルで指定出来るようにした
・SERIALステートメントの第3引数を省略した時の不具合を修正
・例外をトラップして画面表示するようにした
・CORETIMERが電源投入後およそ2000秒後から不具合を起こす事を修正
・ILI9488に対応
・RTC(Real Time Clock)をサポート。次の命令・関数を追加: 
 GETTIME$(), SETTIME. STRFTIME$()
・ファイル保存時の日時設定をサポート
・NTPサーバーによるRTCのセットをサポート
・SYSTEM 201 呼び出しにより、ボード付属のLEDのオン・オフを出来るようにした
・メモリーアロケーションの不具合を修正
・FREMOVE/SETDIR等のファイル関連命令を使用時の、ガベージコレクション不具合を修正
・WAVEプレーヤーの安定性を改善
・クラスのスタティックメソッド呼び出し不具合を修正
・FFINGD$(), FINFO(), FINFO$()の3つの関数を追加。ファイル一覧の作成が可能に
・REM 文に「"」を含む際のコンパイル時の不具合を修正