PIC

KM-Z80C miniの紹介

2014年5月19日

KM-Z80C miniは、Microchip社のPIC32MX350F256Hを用いた、1チップMZ-80C互換機です。KM-Z80 mini (ver 0.3)では、24 KBのRAMを搭載していましたが、KM-Z80C miniでは、48 KBになりました。また、カセットテープインターフェースに加えて、SDカードを用いたプログラムのLOAD/SAVEが行えます。

2014-05-19-IMG_0592.jpg2014-05-19-IMG_0593.jpg

フロントパネル(写真左)には、左から順にカセットテープインターフェース用のジャック(再生・録画兼用)、パイロットランプ(緑・赤)、PS/2キーボードコネクタ、電源スイッチがあります。リアパネル(写真右)には、サウンド・ビデオ用のコネクタに加えて、SDカードの差し込み口があります。

ふたを開けると、こんな感じです。

2014-05-19-IMG_0590.jpg

TQFPのチップを使っているので、筐体の中はシンプルです。DIPほどの存在感が無く、すかすかした感じですね。

LOAD命令を実行すると、SDカードを装着している場合は、ファイル選択画面になります。

2014-05-19-IMG_0596.jpg

キーボードのカーソルキー(PS/2キーボードでは、ALT/CTRLキー;上・左への移動は、shiftキーを使う)でファイルを選択した後に、spaceキーで選択できます。その他は、MZ-80Cと同様に使えます。

回路図は、以下の通りです。

2014-05-19-SCH05.png

KM-Z80C miniver 0.5.3.1は、ここからダウンロードできます。
KM-Z80C miniver 0.5.3.7は、ここからダウンロードできます。

ライセンスは、基本的にはLGPLですが、ソースコードの中には異なるライセンスのファイルも含まれていますので、注意して下さい。

コメント

Katsumi (2014年10月14日 21:45:17)

BASICプログラムをロードした際に、意図しないアドレスに配置されてしまうバグを解消した、ver 0.5.3.7をアップしました。

nikohon (2019年3月16日 23:57:27)

公開されて5年近く経つのですが、ようやく自分で組み立てて見ました。
いきなり完成させるより、段階を追ってトラブルに対処しながら組みました。
ICSP周辺を組み、ファームの書き込みができることを確認。
画面出力を組み、画面が表示されるのを確認。
PS2ポートとSDカード部を組み立て、キー入力ができることを確認。
私が初めて買ったのは完成品形態のK2Eだったので
80Kの組み立てを体験してる様で楽しかったです。
何もできなくても、画面表示がでる段階でもう完成したような嬉しさでした。

IO誌に掲載されていたCLOCKVADERを動作させたところ
正常に動作しない問題にぶち当たり、原因を探した結果。
Z80のレジスタRの処理に不備を見つけました。
レジスタRはDRAMのリフレッシュカウンタで
エミュレーション上は無意味と思われたのだと思いますが
疑似乱数の生成に利用されるケースがありますので
ゼロや定数が返されると、意図した動作につながらないようです。

KMZ80GameのZ80エミュレーション部も同じようですので
改訂版を出されるようなら修正することをお薦めします。

Katsumi (2019年3月18日 10:11:49)

動作報告、どうも有り難うございます。ユーザーが増えるのを知るのは、嬉しい限りです。

Z80エミュレーションの不具合の指摘、どうも有り難うございます。なるほど、そういう使い方が有るのですね、知りませんでした。調査して、アップデートします。

Katsumi (2019年3月18日 10:17:25)

もし宜しければ、その、レジスタR周りを用いている辺りのマシン語かなにかを教えて頂けませんか?修正する際の動作確認にしたいので。

以下に、修正ポイントをまとめてみました。お気づきの点など有りましたら、コメントください。
https://twitter.com/kats_me/status/1107692757399666688

nikohon (2019年3月18日 20:09:04)

(リンクを削除しました)
clockvader.mztです。正常なら「PUSH S」でSキー入力するとワープ後マップ表示されてゲームスタートですが、問題ありの場合 ワープ後キー入力を受け付けなくなります。
(リンクを削除しました)
逆アセンブルソースです。$50D0からのルーチンが問題の箇所です。
当初、キー入力待ち、Vブランク待ちが原因のフリーズかと8255周辺を調べたのですが意外な伏兵でした。

Katsumi (2019年3月19日 10:14:44)

スミマセン、ご指定のリンク先を試してみた所、色々問題があるようなので、リンクを削除させて頂きました。宜しければ、逆アセンブルの該当箇所当りを、ここに貼り付けて頂けませんか?

nikohon (2019年3月19日 12:55:38)

sub_50d0h:
push hl ;50d0 e5 .
push de ;50d1 d5 .
ld a,r ;50d2 ed 5f . _
ld d,000h ;50d4 16 00 . .
ld e,a ;50d6 5f _
ld hl,(l50eah) ;50d7 2a ea 50 * . P
add hl,de ;50da 19 .
ld (l50eah),hl ;50db 22 ea 50 " . P
ld a,l ;50de 7d }
rrc a ;50df cb 0f . .
rrc a ;50e1 cb 0f . .
rrc a ;50e3 cb 0f . .
rrc a ;50e5 cb 0f . .
pop de ;50e7 d1 .
pop hl ;50e8 e1 .
ret ;50e9 c9 .
l50eah:
xor l ;50ea ad .
ex af,af' ;50eb 08 .

核心部分だけですが
レジスタRは7ビットの値しか持たない上に、Accからの値を転送しても直後に変わってしまうので、ソフト的には乱数生成に使うくらいしか用途の無いものですので
単純に
LD R,Aをsrand(Areg);
LD A,Rをrand()%128
とかで済ますのが全体への負荷は少ないかもしれません。

Katsumi (2019年3月19日 17:26:47)

大体つかめました、どうも有り難うございます。アセンブリーを見た限り、RのインクリメントのZ80における詳細な仕様は余り関係なさそうなのですね。とりあえず、私で調べて得た情報を元に、Rをインクリメントしてみます。これで、仮にZ80の厳密な仕様と少し異なっていたとしても、乱数生成の用途としては十分だと思います。

コメント送信