PIC

KM-Z80C miniの紹介

2014年5月19日

KM-Z80C miniは、Microchip社のPIC32MX350F256Hを用いた、1チップMZ-80C互換機です。KM-Z80 mini (ver 0.3)では、24 KBのRAMを搭載していましたが、KM-Z80C miniでは、48 KBになりました。また、カセットテープインターフェースに加えて、SDカードを用いたプログラムのLOAD/SAVEが行えます。

2014-05-19-IMG_0592.jpg2014-05-19-IMG_0593.jpg

フロントパネル(写真左)には、左から順にカセットテープインターフェース用のジャック(再生・録画兼用)、パイロットランプ(緑・赤)、PS/2キーボードコネクタ、電源スイッチがあります。リアパネル(写真右)には、サウンド・ビデオ用のコネクタに加えて、SDカードの差し込み口があります。

ふたを開けると、こんな感じです。

2014-05-19-IMG_0590.jpg

TQFPのチップを使っているので、筐体の中はシンプルです。DIPほどの存在感が無く、すかすかした感じですね。

LOAD命令を実行すると、SDカードを装着している場合は、ファイル選択画面になります。

2014-05-19-IMG_0596.jpg

キーボードのカーソルキー(PS/2キーボードでは、ALT/CTRLキー;上・左への移動は、shiftキーを使う)でファイルを選択した後に、spaceキーで選択できます。その他は、MZ-80Cと同様に使えます。

回路図は、以下の通りです。

2014-05-19-SCH05.png

KM-Z80C miniver 0.5.3.1は、ここからダウンロードできます。
KM-Z80C miniver 0.5.3.7は、ここからダウンロードできます。

ライセンスは、基本的にはLGPLですが、ソースコードの中には異なるライセンスのファイルも含まれていますので、注意して下さい。

コメント

Katsumi (2014年10月14日 21:45:17)

BASICプログラムをロードした際に、意図しないアドレスに配置されてしまうバグを解消した、ver 0.5.3.7をアップしました。

コメント送信